治療費について-辻堂・藤沢・茅ヶ崎・平塚の矯正なら「ひだ矯正歯科」

美しい歯並びを手に入れるお手伝いをします。辻堂・藤沢・茅ヶ崎・平塚の矯正なら当歯科医院にご相談ください

0466-86-7001

【診療時間】平日20時まで。土・日も診療
【休診日】月・木・祝日、第1日曜・第4土曜

0466-86-7001

【診療時間】平日20時まで。土・日も診療 【休診日】月・木・祝日、第1日曜・第4土曜

治療費について

追加費用なしのわかりやすい料金体系

矯正治療は「保険適用ではない為、費用が高い」と感じると思います。

当院では、矯正装置の料金体系をわかりやすく設定しています。基本料金のほか、追加費用は一切いただきません。

矯正治療費は、“検査料”・“診断料”・“矯正基本料”・毎回通院時に掛かる“処置料”に分かれます。

※治療中にレントゲン写真を撮影することもありますが、撮影費用は上記費用に含まれています。
※当院で行うことのできない治療費(抜歯、虫歯などの治療、歯科矯正用アンカースクリューの植立など)は含まれておりません。

基本料金の中には治療中に必要な矯正装置と、保定装置が含まれています。仮に治療中の装置が作り変えとなっても、追加費用は発生しません。好みとご予算に応じてお選びいただけます。

なお、費用については診断時に明確に提示し、同意を得た上で契約書を交わします。お支払いについてのご相談も承っておりますので、ご契約時にご相談ください。

治療に入る前までにかかる費用

初診相談 0円
初診相談

30分~60分

初診ならびに矯正相談。お口の中を診察し、矯正治療の概要をご説明します。

検査料 25,000円
検査料

60分

口腔模型、顔面写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、レントゲンセファログラム

診断料 15,000円
診断料

45分~60分

診断を行います。矯正治療を受ける上で診断の適否は重要です。治療結果にも影響しますのでご注意ください。

※金額は税抜価格です。

お子さまの矯正費用

乳歯が残っている場合に行う矯正治療です。既に永久歯に生え変わっている場合は成人矯正になります。

小児矯正(第1期治療) 300,000円
小児矯正(第1期治療)

乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です。
小児矯正終了までに必要な装置の費用が含まれます。

成人矯正(第2期治療) 成人矯正費用から第1期治療300,000円を引いた金額
成人矯正(第2期治療)

小児矯正の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。

※金額は税抜価格です。

成人矯正の費用

表側矯正 600,000円
表側矯正

一般的な半透明のプラスチック製装置による矯正です。

表側矯正 700,000円
表側矯正

より目立ちにくいセラミック製装置にホワイトワイヤーを使用した矯正です。

舌側(裏側)矯正(ハーフリンガル) 800,000円
舌側(裏側)矯正(ハーフリンガル)

上は歯の裏側、下は歯の表側に矯正装置をつけ、表から見えないようにします。

舌側(裏側)矯正(フルリンガル) 950,000円
舌側(裏側)矯正(フルリンガル)

上下とも歯の裏側に矯正装置をつけ、装置を見えにくくします。

部分的な矯正 150,000円~500,000円

歯の一部のみ矯正を行います。

※金額は税抜価格です。

処置料

管理処置 5,000円(小児・表側・マウスピース)6,000円(舌側)
管理処置

月に1回程度の調整を行います。

保定観察 5,000円
保定観察

矯正治療後「後戻り」を防止するために、3か月~半年毎に来院し観察します。

※金額は税抜価格です。

※基本的に急患時の処置料はかかりませんが、装置の紛失や損壊による処置や固定式保定装置の脱離時、また前回処置より2週間以上経過し処置が必要な場合は処置料が発生することがあります。

※次の場合は別途費用が必要になります。

  • 装置の紛失や損壊による装置の再製作が必要な場合。
  • 患者さまのご都合により、一時的に矯正装置を除去する場合。
  • 衛生状態の自己管理が困難であり、矯正装置の除去が必要な場合。
  • 直前の予約変更、遅刻、無断キャンセルが多いため、月1回の治療ができず、計画通りの治療進行が困難で治療計画に変更が生じた場合。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正治療の費用

検査料 25,000円
検査料

口内を診査・診断し、光学スキャナーを用いて口内状況を確認します。

クリンチェック料 30,000円
クリンチェック料

歯の動きをシミュレーション予測し、治療目標の設定や矯正装置の必要枚数の確認を行います。

診断料 15,000円
診断料

マウスピースが適応可能かどうかや治療計画について診断します。

インビザライン ライト 下記参照
インビザライン ライト

14枚まで(約7か月)治療設定変更不可
 ・片顎 :270,000円
 ・上下顎:470,000円
※再製作費2回まで含む。(2年以内)
※3回目以降は1枚30,000円

インビザライン フル 下記参照
インビザライン フル

枚数制限なし 治療設定変更可能(5年以内)
770,000円

※インビザラインだけでは想定通り歯が動かないこともあります。また、稀に咬合位不安定を生じることがあります。それらの場合は、ワイヤー矯正を併用する可能性があります。その際の装置代(表側矯正装置に限る)も上記費用に含まれています。
※上記費用に保定装置(クリアリテーナー)の費用も含まれます。

※マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名:インビザライン 完成物薬機法対象外)は未承認完成物薬機法対象外の矯正歯科装置、医療機器法および歯科技工法上の対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

歯科矯正用アンカースクリュー 別途費用
歯科矯正用アンカースクリュー

オプションにて必要とされる方のみ。

処置料(PMTC含む) 5,000円
処置料(PMTC含む)

1~3か月毎の来院時にかかります。

保定観察料 5,000円
保定観察料

治療終了後、3か月~半年毎の来院時にかかります。

矯正治療の流れ:マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

◎矯正治療費に関して
当院の矯正治療費は、検査料+診断料+基本料+処置料+保定観察料となります。

矯正基本料の内訳
技術料 + 管理料 + 装置料 + その他(材料費、維持費etc.)

※マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名:インビザライン 完成物薬機法対象外)は未承認完成物薬機法対象外の矯正歯科装置、医療機器法および歯科技工法上の対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いの他に銀行振込、クレジットカードでお支払いいただけます。
※マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は最初にすべての装置が製作されるため、治療費のお支払いは一括払いのみとさせていただきます。

一括支払い

当院へ直接現金をご持参していただくか、当院指定の銀行口座へお振込みください。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さまのご負担になります。

院内分割払い

1年以内の6回払いまで。
当院にてお支払いいただきますので金利・手数料はかかりません。

クレジットカード

クレジットカードでもお支払い可能です。

クレカ

矯正治療では原則として健康保険は使えませんが、矯正治療費は医療費控除の対象になります。

小児矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感や違和感、軽度の痛みは、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
  • 装置の使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さまの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、虫歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態の被せ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • 治療後に顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 骨格的な問題のある場合や予期せぬ成長のあるケースでは、外科的な対応が必要となる場合があります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

成人矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さまの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていた虫歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること(歯肉退縮)があります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
  • 治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 喫煙は、歯の動きが悪くなり、治療期間が延びる可能性があります。
  • 歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないと、後戻りの生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態の被せ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • 矯正治療後、ブラックトライアングル(下部鼓形空隙)が出来る可能性があります。
  • 治療後に顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。