目立ちにくい矯正装置-辻堂・藤沢・茅ヶ崎・平塚の矯正なら「ひだ矯正歯科」

美しい歯並びを手に入れるお手伝いをします。辻堂・藤沢・茅ヶ崎・平塚の矯正なら当歯科医院にご相談ください

0466-86-7001

【診療時間】平日20時まで。土・日も診療
【休診日】月・木・祝日、第1日曜・第4土曜

0466-86-7001

【診療時間】平日20時まで。土・日も診療 【休診日】月・木・祝日、第1日曜・第4土曜

目立ちにくい矯正装置

目立ちにくい矯正装置

「歯並びは気になるけど、矯正装置が目立つから矯正治療を躊躇している」という方はいらっしゃいませんか?このような理由から治療を諦めてしまうのは、とてももったいないです。

当院では、ギラギラ光るメタルブラケット(金属性の表側矯正装置)は使用しません。審美性を考えた装置をご用意していますので、お好みに合った装置をお選びいただけます。

取り扱っている装置には、歯の表側に装着する白くて目立ちにくい「セラミックブラケット」と白いコーティングを施した「ホワイトワイヤー」を用いた矯正や、透明なマウスピースを使った「マウスピースによる矯正」、歯の裏側に装着する見えにくい「舌側矯正」などがあります。幅広い選択肢がありますので、ご要望に合った治療法が見つかります。

【セラミックブラケット+ホワイトワイヤー】目立ちにくい矯正装置

当院ではセラミックブラケットとホワイトワイヤーを組み合わせ、審美性を考えた矯正装置を使用しています。

セラミックブラケットはセラミック素材でできたブラケットです。半透明で歯の色に近く、従来の金属ブラケットのようなギラギラ感や違和感がありません。さらに、ワイヤーには表面を白くコーティングしたホワイトワイヤーを使用しています。そのため目立ちにくくなっています。

矯正治療中でも装置を気にせず、自然な表情や口元の美しさを保ちながらお過ごしいただけます。

【マウスピースによる矯正】取り外し可能で透明な矯正装置

マウスピースによる矯正は、マウスピース型の矯正装置を歯に装着して矯正する方法であまり目立ちません。自分で取り外せて、食事や歯磨きが楽にできます。またブラケットのような装着時の違和感がほとんどありません。

1日20時間以上装着し、定期的に新しい物と交換しながら歯の動きを調整します。透明なプラスチック製の装置は目立ちにくく、矯正治療中も人に気づかれにくいのがメリットです。多少の話し辛さや違和感を覚えることがありますが、それほど気になりません。

なお症例によって適用できない場合があります。お口の中の状態を確認した上で判断しますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

※マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名:インビザライン 完成物薬機法対象外)は未承認完成物薬機法対象外の矯正歯科装置、医療機器法および歯科技工法上の対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外になる場合があります。

【舌側矯正】歯の裏側から行うため矯正装置が見えにくい

「舌側矯正」は歯の裏側に矯正装置を取り付けるため、人に気づかれにくい状態で治療を行えます。

歯の表側からは矯正装置が見えませんので、接客業や営業職、司会業など人と接する機会が多い職業の方、司会業やタレントなど審美性を気にされる方に適しています。

表側からの矯正が可能な症例であれば、ほぼ同様の治療結果が得られます。治療期間は表側の矯正よりも若干長めですが、舌側矯正と表側からの矯正では、歯を動かす仕組みが異なるため、症例によっては歯の裏側から実施する舌側矯正の方が早い場合もあります。

小児矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感や違和感、軽度の痛みは、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
  • 装置の使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さまの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、虫歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態の被せ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • 治療後に顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 骨格的な問題のある場合や予期せぬ成長のあるケースでは、外科的な対応が必要となる場合があります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

成人矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さまの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていた虫歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること(歯肉退縮)があります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
  • 治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 喫煙は、歯の動きが悪くなり、治療期間が延びる可能性があります。
  • 歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないと、後戻りの生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態の被せ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
  • 矯正治療後、ブラックトライアングル(下部鼓形空隙)が出来る可能性があります。
  • 治療後に顎の成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。