トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児矯正よくあるご質問・ご相談 » Q9: 小児矯正は小学校低学年からではなく小学校高学年または未就学から始めれば、より短期間で費用も安く抑えられるのでは?

Q9: 小児矯正は小学校低学年からではなく小学校高学年または未就学から始めれば、より短期間で費用も安く抑えられるのでは?

A9: 小児矯正の治療終了はQ2の通りです。

開始時期が遅くなるにつれて、治療期間が短くなりますので、将来的に永久歯を抜かないといけなくなる可能性が増えて来る可能性があります。また装置の使用時間を出来るだけ長時間使用する等患者様本人の負担は非常に大きくなります。

私どもが何を基準に治療方針を立てるかと言うと、奥歯(第一大臼歯)のかみ合わせの位置と前歯の大きさから判断します。早く始めても、終了時期(Q2)は同じなので治療開始の最適な時期としてはQ1が理想です。
 ↑トップへ戻る


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児矯正よくあるご質問・ご相談 » Q9: 小児矯正は小学校低学年からではなく小学校高学年または未就学から始めれば、より短期間で費用も安く抑えられるのでは?


コールバック予約