トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 成人矯正よくあるご質問・ご相談 » Q3: 矯正治療は歯を抜くのですか?

Q3: 矯正治療は歯を抜くのですか?

A3: これはお口の中を拝見してみないと一概には答えられません。

歯を抜かないと治療が難しいとお話しした時に、「歯は一本でも多い方が良いはずなのに、それを抜くなんて勿体ない。」「健康な歯を抜いて大丈夫なのか?」という意見をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。この様に思うのは無理もありませんし、正しい反応だと思います。

我々は矯正医である前に、歯科医師です。歯科医師は一生涯ご自身の歯で食事が出来るよう、健康に保つこと考えます。一般歯科治療においても、出来るだけ抜かずに保存する方向で考えます。これは、矯正治療においても同じで、「出来るだけ抜かないで矯正治療が出来ないか?」第一にこれを念頭に治療方針を決めていきます。

但し、どうしても抜歯が必要なことがあります。歯を残すメリットよりも歯があることで引き起こされるデメリットが大きいと判断した時です。この場合、「歯を抜く」という印象だけが強く残ると思いますが、その際に、「なぜ抜かないといけないのか?」「抜く場合・抜かない場合の治療のメリット・デメリット」これらをしっかり把握して、その上で判断を行ってください。矯正治療においては「歯を抜く=悪」ではありません。
 ↑トップへ戻る


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 成人矯正よくあるご質問・ご相談 » Q3: 矯正治療は歯を抜くのですか?


コールバック予約