ひだ矯正歯科 医院ブログ

ひだ矯正歯科 医院ブログ

日本矯正歯科学会認定医による、矯正歯科治療専門ブログ。症例の解説や治療についての考え方を公開。

9周年

現在、新患相談の受付を中止し、且つ新規患者様の受け入れを制限させて頂いています。

皆様に多大なご迷惑をお掛けしていることは重々承知しております。

少しでも改善できるようにスタッフ一同努めておりますので、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 

2012年4月11日に開業し、本日で9周年を迎えました。

去年はコロナの影響で、初の緊急事態宣言が発出されている先の見通しが立たない中での8周年でした。

その際に、『来年の9周年の時は「去年は大変だったねー。」と笑って振り返られると思ってます!』と述べていました。

しかし、現実は甘くなく、今年も世界的にコロナに振り回されています…。

当院でも、コロナの影響により診療形態も変えざるを得なくなり、さらには、新規患者様の受け入れを制限しなければならない不測の事態になっています。

 

1年1年この日を迎えられることを有難く感じるとともに、背負う重圧も増していることを実感します。

9年経った喜びよりも緊張感と身の引き締まる思いの方が強くなっています。

 

来年は10周年。来年こそ「去年は大変だった。」と笑って振り返りたいと切に願います。

 

皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

何卒ご了解を頂きたく、伏してお願い申し上げます。 

 

10年目、スタッフ一同これからも精進してまいります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

藤沢市JR辻堂駅北口徒歩1分 ひだ矯正歯科


良い矯正歯科の選び方 1 ~藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚で矯正するなら、ひだ矯正歯科~

現在、大変申し訳ありませんが、初診相談の受付を止めております。 

その際に、「ここで受けられないなら、他の良い矯正歯科を紹介してほしい。」という意見がありました。 

 

例えば、 「美味しいラーメン屋がある!」と勧められて行ってみたけど、「味が薄いな。」逆に「濃すぎるな。」など、自分にとっては好みじゃなかったことってありませんか? 

この様に、「良い矯正歯科」も何を持って「良い」とするかは個人によって大きく変わるので一概にお勧めするのは難しいのです。 

 

Q.「良い矯正歯科はどこですか?」

A.「良い基準が人それぞれ違うのでお答えが難しいです。」

結論から申し上げますと、これが答えです。

 

理想の矯正歯科医院とは? 

『先生はイケメン(美人)で、説明も分かりやすく話しやすい。 腕が良く、痛くない。治療も早くて、費用も安い。予約が取りやすい。 家からも近くて、院内も綺麗で衛生的。』

 

上記の様な医院は願ったり叶ったりですよね? 

ただ、現実問題な、100%理想通りの医院は難しいと思います。

 

では、自分に合った良い矯正歯科を見つけるにはどこに注目したらよいか?

ここについて、私なりの考えを述べたいと思います。

これからお話しする内容はあくまでも個人的な意見です。賛否はあると思いますので、参考程度にご一読ください。 

 

尚、今回の医院選びの基準を日本矯正歯科学会認定医以上の資格を持つ矯正を専門とする歯科医院」を前提としてお話しします。 

 

ホームページや初診相談だけでもある程度選別は出来ますので、そこに触れてみたいと思います。 

 

先生の見た目・費用・院内の雰囲気や衛生面、診療時間や休診日や自宅と医院との距離はホームページで概ね確認できます。 

 

腕の良し悪しはホームページでも初診相談でも実際通院しても分かりません!この判断は難しいと思ってください。 

治療の速さや痛くないかどうか。これも個人によって違うので、早く終わる人もいれば長くかかる人もいます。また痛いと感じる人やほとんど痛くないと思う人もいるので、これは「この先生だから早い・痛くない。」ではありません。 

 

感じのよさや話しやすさ、これは初診相談で色々お話をされると人柄が分かると思います。 

長く通院するので先生との相性は一番大事だと思います。遠慮せずに聞きたいことを色々聞いてみてください。 

ご自身にとって明確な答えが返ってくるのか、曖昧に返されるのか。今後の治療を続けていくうえで重要な指標となります。 

 

以上をまとめると

1.技術や治療期間、治療中の痛みは個人差が大きいのでホームページ、口

  コミ、初診相談でも判断は難しいです。 

2.費用、衛生面、通いやすさ、これらはホームページで確認できます。 

3.相談時に先生のお人柄や、ご自身との相性をよく見てください。

 

一方で、ホームページに院長の顔写真や経歴、また費用が表示されていないところは避けた方が良いでしょう。(怪しすぎます。ただ、今はこういう医院はほとんどないですけどね…。)

 

また、初診相談時に、「早く始めないと手遅れになる。」「こんな歯並びでは将来歯がなくなってしまう。」など不安を煽る言い方をされる先生も如何なものでしょうか。 

その先生なりのお考え等あると思いますが、一つ言えることは「医療行為は脅されて行うことではありません!」 

 

技術や腕の良し悪しの判断は難しいので

①.先生の人柄 ②.スタッフの対応 ③.治療方法 ④.診療時間と休診日 

⑤.予約の取りやすさ ⑥.往復の通院時間 ⑦.費用 ⑧.院内の清潔さ

この8項目を採点付けして、一番点数の高かった医院を選ばれては如何でしょうか?

矯正相談は1件ではなく、3件程の医院で話を聞かれるとより選びやすいと思います。

 

次回は、上記8項目について、もう少し詳しく、お話していきたいと思います。


現状について

6月の矯正相談の電話受付を3月26日(金)10時40分より開始します。

但し、7月・8月の新規矯正相談の受付は行いません。

9月受付再開を予定しておりますが、お約束できない状況です。

詳細は6月下旬にご案内いたします。

 

また、一度矯正相談を受けて、治療開始ご希望の患者様は、次回は「検査」になります。

新規患者様の受け入れを制限を行っている為、現時点で検査のご予約は最短で6月になります。

何卒ご了承ください。

 

昨年から矯正治療を希望される患者様が増えたため、今年初めより新規患者様の受け入れを制限させて頂く旨を通知したところ、さらに問い合わせが増えました。

こんなに多く問い合わせがあったことも今までなかったので、正直驚いております。

 

制限を行ったことで、妙なプレミア感が付いてしまったのか、過大な憶測が先行しているようです。

 

当院の制限理由は、昨年から患者様が増えたこと。今春から代診の先生が産休されること。

この2点が大きな理由です。

 

予約が取りにくい理由は、需要と供給のバランスが崩れることを懸念しての制限です。

「予約が取れない=良い医院」ではありません。

 

当院は、ごく普通の歯科医院です。ゴッドハンドやカリスマ性など持ち合わせておりません。

お1人お1人に一生懸命治療に当たらせて頂くことしかできません。

「予約が取りにくいから始める」などではなく、本当にご自身に矯正治療が必要かどうかをよくお考えください。

 

しかしながら、この様な事態を招いている根本の原因は当院にあります。

皆様のご期待に沿える様努力して参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 


5月の新患相談枠がいっぱいになりました。

5月分の新患相談の枠が既にいっぱいとなってしまいました。

次回は6月の予約になります。

3月26日頃に6月の予定が出ますので、その時にお電話頂ければ幸いです。

 

今回、5月の予約は2月26日に開始しましたが、26日・28日の2日で予約が埋まる事態となりました。

確かに、新患相談の枠を制限していますが、2日で埋まってしまうことになるのは想定外でした。

3月診療開始の本日にご連絡いただいた方にはお断りをせざるを得なくなりました。

こんなにも多くの皆様の矯正治療を受けたいという希望があると知りましたし、一方で、手を差し伸べてあげられない歯痒さも感じております。

この様な事態に心苦しく思っております。

皆様には大変ご不便をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

 

藤沢市JR辻堂駅北口徒歩1分 ひだ矯正歯科

 

 


新規患者様の受け入れの制限を行っています。 ~藤沢・辻堂・茅ヶ崎・平塚で矯正するなら、ひだ矯正歯科~

この1年で矯正治療を希望される患者様が大幅に増えました。 

 

矯正治療は一回の診療で終わることはなく、治療を開始すると年単位で通院することになります。

その為、新規の患者様を一人受け入れると年単位で診療枠が一枠埋まります。

但し、一方で治療を終える方もいらっしゃいますので今までは「治療を開始される方」と「治療を終える方」のバランスはほぼ均衡だった為、新規患者様の受け入れもスムーズに行えておりました。

 

ただ、この1年は急激に矯正治療の需要が増えました。

新型コロナウイルスの影響によるものが大きいと考えられます。

「マスク生活が増えるから、矯正装置を付けても人目につきにくい。」

「毎年、旅行に行っていたけど、コロナで行けずその分の浮いた資金で矯正を開始する。」

矯正治療を始める理由は様々ありますが、この1年で患者様が増えた理由は上記の様にコロナが大きく関係していると思われます。

 

結果、従来の予定人数を遥かに超え、当院の治療枠がほぼ埋まってしまう状態となってしまいました。 

その為、大変申し訳ありませんが、現在新規患者様の受け入れを制限せざるを得ない状況です。 

 

改善策は、「診療日を増やす」、「診療台の増設」、「スタッフの増員」が挙げられます。

「診療日の増やすこと」は現スタッフの労働基準法の観点から難しく。

「診療台の増設」は、2019年に1台増設しましたが、これ以上の増設は今のテナントでは限界です。

「スタッフの増員」も募集は行っていますが、慢性的な歯科衛生士の人員不足問題もあり難しいです。

当院の努力不足と仰られると返す言葉も見つかりませんが、上記3点の改善は現実的に非常に厳しいです。

さらに、今春から代診の先生の産休も重なり、今回この様な対応を取らせて頂く形になりました。

 

矯正治療を専門とする医院として皆様の負託に応えなければいけないところですが、余りにも多く患者さんの来院に、当院の体制が追い付くことが出来ません。

 

新規受け入れの一時中止も検討致しましたが、現状まだ若干余力があるのでなるべくご期待に応えられるよう「制限」という形を取らせて頂きました。 

 

通院中の患者様の医療の質を落とさない為、定期的な診療枠を確保する為の苦渋の決断です。

 

この状況にスタッフ一同、大変心苦しく思っております。 

本当に大変申し訳ございません。 

何卒ご了解を頂きたく、伏してお願い申し上げます。 

 

藤沢市JR辻堂駅北口徒歩1分 ひだ矯正歯科